ホワイトラグジュアリーの最安値調査!5つの購入方法別の値段を比較

ホワイトラグジュアリー

乳首の黒ずみクリームとして人気が高いホワイトラグジュアリーですが、どこから購入するのが一番安くなるのか気になっている方も多いかと思います。

この記事では、ホワイトラグジュアリーの購入方法別の最安値を調査して比較をしてみました。

最安値かつお得に購入したい方はぜひ参考にされてみてください。

結論から言うとホワイトラグジュアリーを一番お得に購入できるのは公式サイトです。定価が9980円のところ4000OFFの5980円で購入できるキャンペーンがおこなわれているため、購入を検討している方はこの機会に手に入れておくことをおすすめします。

【購入方法別】ホワイトラグジュアリーの最安値調査

公式サイトが最安値!

ホワイトラグジュアリーの最安値

公式サイト5980円

先ほどもお話しましたように、ホワイトラグジュアリーが一番お得に購入できるのは公式サイト!

キャンペーン中の今なら4000OFFの5980円で購入することができます。

定期購入限定の価格で最低3回継続が条件ですが、美白クリームはターンオーバーを促進して色素沈着しているメラニンを排出していくことで黒ずみを解消していくため、解消できるまでには3ヶ月ほどかかることが大半です。

なので3ヶ月継続の縛りは大きなデメリットではないと感じています。

さらに、定期購入なら90日間の全額返金保証がつくことも大きなメリットですね♪

はじめて使う商品だと、どうしても自分のお肌に合わなかった場合の無駄な出費が気になってしまいますが、もし「自分には合わない」と感じた場合は商品代金を返金してもらうことができます。

念のため、返金方法についても触れておきますね。

ホワイトラグジュアリーの返金方法

  • サポートセンターに電話で返金の旨を伝える
  • 「商品の箱」「商品の容器」「納品書」の3点を返送する(元払い)
  • 返送した3点が確認されたら送られてくる「返金申請書」を記入して返送する
  • 2~3週間後に指定した口座に商品代金が返送される

※連絡先
0120-114-231
※返送先
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-2-12VORT東新宿401
株式会社 美彩
ホワイトラグジュアリープレミアム返金受付係宛
TEL 03-6380-2939

上記のとおり、定期購入は定価より4000円安く購入できること、90日間の全額返金保証がつくのですが、ホワイトラグジュアリーの定期購入は継続回数によって安くなる会員ランク制度が設けられていることも定期購入をおすすめする理由のひとつです。

参考までに単品購入と定期購入の値段についてもまとめておきますね!

単品購入 9980円+送料540円
定期購入 1~3回:5980円
4~7回:5680円
8~11回:5380円
12回以降:5080円
※送料無料

やはり定期購入だとかなりお得感がありますね♪

ただし、このキャンペーンははじめての方だけが参加できるキャンペーンですので、すでにホワイトラグジュアリーを買ったことがある方には適用されないのが残念なところ…。

かなりお得なキャンペーンなのではじめての方は定期購入がおすすめですよ。

Amazonは5650円

ホワイトラグジュアリーのAmazonでの値段

Amazonは5650円

Amazonは単品購入で5650円での取り扱いがありました。

値段だけを見ると「公式サイトよりも安いじゃん!」と思ってしまいがちですが、Amazonのホワイトラグジュアリーには注意点があります。

その注意点とは、リニューアル前の旧ホワイトラグジュアリーだということ。

実はホワイトラグジュアリーは2018年3月30日にリニューアルがされていて、リニューアルにともなってパッケージが変更されています。

公式サイトでの以下の画像のように正式に発表がされていますね。

ホワイトラグジュアリーのリニューアル

つまりAmazonで取り扱いされているホワイトラグジュアリーは「在庫処分のための旧ホワイトラグジュアリー」ということです。

先ほどもお話しましたように、公式サイトだと5980円で新ホワイトラグジュアリーを購入することができるため、個人的には300円ほど安く購入するためにAmazonから購入するよりも公式サイトから新ホワイトラグジュアリーを購入したほうがいいのかなと思います。

公式サイトなら90日の全額返金保証もつきますからね♪

楽天は9999円

ホワイトラグジュアリーの楽天での値段

楽天は9999円

楽天では新ホワイトラグジュアリーの取り扱いがありますが、お値段は9999円でした。

公式での販売ではないのでキャンペーンなどはもちろんおこなわれていませんし、全額返金保証もつかないのでお得感は一切ないですね。

ヤフーショッピングは10680円

ホワイトラグジュアリーのヤフーショッピングでの値段

ヤフーショッピングは10680円

ヤフーショッピングは商品代金は9980円ですが送料が全国一律で700円かかるので合計10680円ということになります。

Amazonと楽天と同様に、公式での販売ではないためお得に購入できるキャンペーンはおこなわれていません。

メルカリは平均4000円ほど

ホワイトラグジュアリーのメルカリでの値段

メルカリは平均4000円ほど

値段だけを見るならメルカリが最安値です。平均で4000円ほどで出品がされていました。

ただ、良くも悪くもメルカリだなぁ…という印象。

安いことは安いけど半分だけ使ってあるものや状態についての記載が一切ないものなど、どう考えても人様に売るような状態ではないものを出品している人も多いですね。安定のメルカリ民度という印象です。

とはいえ、探せば良心的な出品者さんもいると思うので、とにかく1円でも安く購入したい方は探してみても良いかもしれませんね。

メルカリから購入する際は、個人間でのやり取りになるため商品の状態や保管状態などは一切保障されていないという点にご注意ください。

ホワイトラグジュアリーは市販での取り扱いはなし

市販での販売についても調べてみたのですが、公式に確認してみたところ市販での販売はしていないようです。

考えてみても、ドラッグストアやドンキホーテなど販売されていそうなところでもホワイトラグジュアリーを見かけたことはないですからね。

なのでホワイトラグジュアリーの購入はネットからしかできないということも無駄足を防ぐために知っておいたほうがいいポイントでしょう。

ホワイトラグジュアリーは公式サイトが一番お得!

ホワイトラグジュアリー

この記事ではホワイトラグジュアリーの購入方法別の最安値を調査してまとめましたが、最後にもう一度、表にしてまとめておきますね!

公式サイト 単品:9980円
定期:4980円+90日全額返金保証
Amazon 5650円
※旧ホワイトラグジュアリーなので注意!
楽天 9999円
ヤフーショッピング 10680円
メルカリ 平均4000円ほど
市販 取り扱いなし

値段だけを見るならメルカリが最安値、一番お得に購入できるのは公式サイトといったところですね。

繰り返しになりますが、Amazonのホワイトラグジュアリーはリニューアル前の旧ホワイトラグジュアリーの在庫処分なので注意が必要。

値段も4000円安くなり、万が一お肌に合わなかった場合に90日の全額返金保証がついている公式サイトからの購入がおすすめですよ♪

ピンキッシュボーテの最安値を徹底調査!0円で購入するお得な方法

ピンキッシュボーテ

バストケア商品で人気が高いCellnote(セルノート)が発売していることで知られているピンキッシュボーテですが、どこで購入するのが一番お得になるのか気になっている方も多いかと思います。

どうせ買うなら安くお得に購入したいですよね♪

実はピンキッシュボーテは初回0円で購入できる方法があるんです!

この記事では、初回0円で購入する方法と合わせて購入方法別の最安値についてまとめましたので、これから購入しようと考えている方は参考にされてみてください。

結論から言うと、ピンキッシュボーテの最安値は公式サイトです。毎月100人限定ですが、初回0円(送料650円)で購入できるキャンペーンがおこなわれているため、公式サイトからの購入がおすすめです。

\初回0円キャンペーン中/

【購入方法別】ピンキッシュボーテの最安値

公式サイトが初回0円の最安値

ピンキッシュボーテの最安値

公式サイトは初回0円

ピンキッシュボーテの最安値は公式サイト!

定期コースなら初回0円で購入することができます。初回のみ送料が650円かかりますが、定価は7560円ですのでかなりお得に購入できることがわかりますよね♪

お支払い方法はコンビニや郵便局での後払い、もしくはクレジットカードでのお支払いがあり、クレジットカード支払いであれば300円分のQUOカードのプレゼントもあるため、さらにお得に購入することができます。

注意点としては定期コースは3回以上の継続が条件になっているという点ですね。

とはいえ、ピンキッシュボーテにかぎらず美白クリームはお肌のターンオーバーを促進して色素沈着しているメラニンを排出していくことで黒ずみを解消していくため、最低でも3ヶ月は継続してケアをしていきたいことを考えると、特に大きな縛りではありません。

公式サイトでの単品購入、定期購入での値段をまとめると以下の通りです。

単品 7560円
定期 初回:0円(送料650円)
2回目以降:6480円(送料無料)
継続回数 最低3回以上の継続
(計13610円)

やはり初回0円はかなりお得ですよね♪

3回継続が条件としてありますが、かりに単品購入で3回続けた場合は合計22680円かかります。定期購入だと13610円ですのでおよそ1万円ほど安く手に入れることができます。

ただしひとつ注意点があり、この初回0円キャンペーンは毎月100名限定のキャンペーンだということ。タイミングが合わないとキャンペーン適用中に購入ができないため、購入を検討されている方はなるべく早めに購入することをおすすめします。

Amazonは定価

ピンキッシュボーテのAmazonでの価格

Amazonは7560円

Amazonでも一応取り扱いはありましたが、定価の7560円での取り扱いしかありませんでした。

公式での販売ではないため、キャンペーンもおこなわれていないのでお得感は一切ないですね。

楽天は定価

ピンキッシュボーテの楽天での価格

楽天は7560円

楽天もAmazonと同様に定価の7560円での取り扱いしかありませんでした。

もちろんお得なキャンペーンもなしです。

ヤフーショッピングは定価

ピンキッシュボーテのヤフーショッピングの値段

ヤフーショッピングは7560円

ヤフーショッピングも同じですね。定価の7560円での取り扱いでした。同様にキャンペーンもおこなわれていません。

メルカリは平均6000円ほど

ピンキッシュボーテのメルカリでの値段

メルカリは平均6000円ほど

公式サイト以外だとメルカリが安いですね。値段はまちまちですが定価より1500円ほど安い6000円ほどで出品されていました。

ただ、みなさんご存知かと思いますが一応触れておくと、メルカリは個人間でのやり取りになるため、商品の状態や品質、保管状況などは取引先(出品者)によって大きく変わってきます

最悪の場合、購入してから何年も経過している商品が出品されていることもあるので、そのあたりには注意が必要ですね。もっと酷い出品者だと半分くらい使ってあるものを出品している人もいます。

いわゆる「転売品」なので何が起こっても自己責任ということにも注意が必要

メルカリから購入するかどうかは「何が起こっても自己責任」ということ以上に、「定価より1500円ほど安い」ということにメリットを感じるかどうかですね。

個人的にはお肌に使うものなので正規のルートから購入したほうがいいのかなと思います。

ピンキッシュボーテは市販での取り扱いはなし

ここまで5つの通販サイトでの最安値を比較してきましたが、市販で購入したい方もいるかと思います。

が、ピンキッシュボーテが市販で販売されているかどうか確認してみたところ、どうやらドラッグストアやショッピングモール、プラザなどでの取り扱いはされていないようです。

まあ、店舗販売を取り入れると仲介手数料など余計な費用がかかってしまい値段が高くなってしまいますからね…。ネット販売しかしていないからこそ初回0円キャンペーンなどお得なキャンペーンができるというメリットもあります。

ピンキッシュボーテは公式サイトでの購入がお得!

ピンキッシュボーテ

この記事ではピンキッシュボーテの購入方法別の最安値をまとめましたが、こうしてひとつひとつ比べてみると公式サイトがお得ということがわかりましたね♪

最後にもう一度、表にしてまとめておきます。

公式サイト 単品:7560円
定期:初回0円、2回目以降6480円
送料:初回650円、2回目以降0円
Amazon 7560円
楽天 7560円
ヤフーショッピング 7560円
メルカリ 平均6000円ほど
市販 取り扱いなし

繰り返しになりますが、公式サイトでのキャンペーンは毎月100名限定のキャンペーンなので購入を検討されている方は、この機会に手に入れておくことをおすすめしますよ♪

\初回0円キャンペーン中/

トラネキサム酸とは?美白効果と副作用を徹底解説

トラネキサム酸とは

美白クリームや美白化粧品などに配合されていることが多い「トラネキサム酸」。美白効果が高い成分として有名な成分ですね。

トラネキサム酸以外にはハイドロキノンも美白成分として有名ですが、ハイドロキノンは”お肌の漂白剤”と呼ばれるほど美白効果が高いかわりに、白斑など副作用のリスクがあります。

その反面、トラネキサム酸は安全性も高いことで知られていて、副作用の心配もほとんどありません

この記事ではトラネキサム酸の美白効果と事前に知っておきたい副作用についてまとめましたので、これからトラネキサム酸配合の美白クリームなどでケアをおこなっていこうと考えている方は、ぜひ参考にされてみてください。

トラネキサム酸ってどんな成分?

トラネキサム酸とは

もともとトラネキサム酸は美白成分としてではなく、抗炎症薬や止血剤として医療機関で処方されていました、

そして、トラネキサム酸を服用していた患者さんに肝斑(シミ)の改善がみられたことから美白成分として注目を集め、2007年からは美白化粧品などのコスメに配合されるようになりました。

日本皮膚科学会では、本当にトラネキサム酸は黒ずみに効果があるのか真偽を確かめるために、以下のようの検定もおこなわれています。

第1回目はトラネキサム酸5%含有クリームとトラネキサム酸0.5%含有クリームの肝斑に対する効果を二重盲検,群間比較試験で行なった。やや有用以上の有用率は両群とも70%以上であった。第2回目はトラネキサム酸5%含有クリームとその基剤を対照として,肝斑に対する効果を二重盲検,群間比較試験で行なった。やや有用以上の有効率はトラネキサム酸5%含有クリームが54%,対照のクリーム基剤が48%で両群間に差はなかった。しかし,重症度による層別解析を行ったところ重症例ではトラネキサム酸5%クリーム外用群(7例)の改善率が85.7%で,対照クリーム外用群(10例)の改善率は30.0%であった。U検定を行ったところ有意差を認めた。

参考:皮膚の科学

少し難しいですが、ざっくりまとめると「トラネキサム酸が黒ずみに効果的な成分であることを認める」ということが書かれています。

トラネキサム酸の美白効果

トラネキサム酸の美白効果

まず前提として、トラネキサム酸は厚生労働省から美白効果が認められている有効成分です。

そのため、トラネキサム酸を一定以上配合してある美白クリームは、「化粧品」ではなく、より効果効能に期待ができる「医薬部外品」と謳うことができるのですね。

トラネキサム酸で黒ずみを改善できる仕組みとしては、黒ずみの主な原因であるメラニンの生成を抑えて色素沈着しているメラニンを排出していくことで、今ある黒ずみを改善していく…という仕組みです。

メラニンの生成を抑えられる理由は、トラネキサム酸には「抗プラスミン」という作用があり、メラノサイトにメラニンを作るように指令を送る情報伝達物質プラスミンの作用を抑制する作用があるからですね。

また、トラネキサム酸には抗炎症作用があり蓄積した肌ダメージを修復させる作用もあるため、健康的な肌環境に導いてくれる効果もあります。この効果によって黒ずみの改善だけでなく予防にも期待ができます。

トラネキサム酸の副作用

トラネキサム酸には大きく分けて2つの種類があり、「服用するタイプ(錠剤など)のトラネキサム酸」と「塗るタイプ(クリームなど)のトラネキサム酸」があります。

どちらのタイプを使用するかによって副作用は変わってきますので、それぞれの副作用を確認していきましょう。

服用するタイプは副作用の可能性あり

服用するタイプのトラネキサム酸には、食欲不振や胸焼け、嘔吐、吐き気などの副作用が起こる可能性があります。

用法用量をきちんと守り、医師や薬剤師に相談したうえで服用していれば上記のような副作用が起こるリスクを抑えることができますが、もし副作用が起きた際には自己判断せず必ず医師に診てもらうようにしましょう。

塗るタイプは副作用の心配がない

一方で、塗るタイプのトラネキサム酸は内服するタイプと比べて効果はやや緩やかになりますが、副作用の心配なく使っていくことができます。安全面を考えるのなら塗るタイプでのケアがいいと言えますね。

また、多くの美白クリームはトラネキサム酸だけでなく、グリチルリチン酸2Kなどのダメージケア成分やヒアルロン酸などの保湿成分も配合されていますので、肌環境を整えながら美白ケアをしていくことができます。

そのため、肌荒れなどが起こるリスクもほぼないですね。

ただし、敏感肌で肌荒れしやすい方ですとトラネキサム酸がお肌に合わずに荒れてしまう可能性もゼロではないので、デリケートな部分に使う前にパッチテストをしてから使うとより安心して使っていくことができます。

失敗しない乳首をピンクにする黒ずみクリームの選び方

乳首の美白クリーム

乳首の黒ずみを改善してピンクにするために美白クリームを使おうと思っているけれど、種類が多くてどれを使えばいいか分からない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

乳首は皮膚が薄くデリケートな部分だからこそ、クリーム選びには慎重になりますよね。

美白クリームはどれを選んでも同じような効果が期待できるわけではなく、ものによっては全く効果がなかったり逆効果で黒ずみが悪化してしまうケースもあるため、選び方はとても重要

ということでこの記事では、乳首の黒ずみケアクリームの選び方について詳しくまとめました。

当サイトでは乳首の黒ずみに効く美白クリームをご紹介していますが、ここでご紹介するポイントを押さえて選べば別の美白クリームを選ぶ時にも役立つはずです。

失敗しない美白クリームの選び方5つ

乳首の美白クリームの選び方

乳首にも使える低刺激な美白クリームを選ぶ

これはとても大事です。

冒頭にも書きましたように乳首は皮膚が薄く外部からの刺激にとても過敏に反応する部位です。そのため、下着や衣服との摩擦などちょっとした刺激でもメラニンが生成されて黒ずんでいってしまいます。

また、継続して刺激を受けることで色素沈着が起きて黒ずみ改善が大変になっていくため、日々の刺激を減らしていくことも黒ずみを改善するためにはかなり重要なのですね。

なので低刺激でお肌に負担がかからない美白クリームを使うということが大前提。アルコールや合成着色料などお肌に負担がかかる添加物が配合されていると、たとえ美白ケアができたとしても黒ずみの原因にもなり、最悪の場合、より黒ずみが目立つようになることもあります。

ここで重要なポイントは、「乳首専用の美白クリーム」を選ぶということです。乳首専用であれば、乳首に使うことを前提に開発されているため、お肌に負担がかかる添加物が配合されていないことがほとんどです。

たっぷりの美容成分が配合されているクリームを選ぶ

実は、黒ずみを改善するためには、美白ケアだけでは不十分なんです。というのも、乾燥を防ぐための保湿やバリア機能を高めるための潤いケアもしていかなければ黒ずみの対策ができないからです。

美白ケアだけで一時的にピンク色に近づけたとしても、肌質自体が変化したわけではなく美白成分の力でピンク色に近づけているだけなので、すぐに黒ずみが再発してしまうんですね。

そのため、本当の意味で黒ずみを改善し、再発を予防するためには、お肌の質そのものを変えていく必要があるんです。美容成分は保湿やぷるっとした乳首に導くために重要な成分なので、美白成分だけでなく美容成分もたっぷりと配合されているクリームを選ぶことがポイントです。

医薬部外品のクリームを選ぶ

薬事法でコスメなどは「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類されています。

医薬品は主に病気の治療や予防に使われる、いわゆるお薬のことを指しています。そして化粧品は効果や作用が緩やかで厚生労働省から認可されている有効成分を一定濃度以上配合されていないもの。

医薬部外品は厚生労働省から認可されている有効成分が一定濃度以上で配合されているものを指しています。

そのため、効果が高い順に並べると「医薬品」→「医薬部外品」→「化粧品」となるのですね。

医薬品はお薬なので乳首の美白クリームで最も効果に期待ができるのは医薬部外品ということになります。

化粧品だと全く効果がないわけではありませんが、安価で購入できる反面、黒ずみ改善までに途方もないほど時間がかかったり、メーカー独自で開発ができてしまうためかえって黒ずみが悪化してしまうこともあります。

本気で黒ずみを改善するのであれば、最初から医薬部外品を選ぶことをおすすめしますよ。

続けやすい価格のクリームを選ぶ

乳首の黒ずみの主な原因は色素沈着ですので、塗ってすぐに効果が出て薄くなっていくわけではありません。

効果には個人差がありますが、基本的には2ヶ月から3ヶ月ほど継続してケアをしていく必要があります。これはお肌のターンオーバーによって色素沈着しているメラニンを皮膚の外に排出していく必要があるからですね。

そのため、続けやすい価格であるということも重要なポイントです。続けていくことで、より美白クリームの効果を実感しやすくなるわけですからね。

ただし、安ければいいというわけではありません。

安かったとしても効き目がなければ意味がありませんし、効果が緩やかだとその分黒ずみが改善できるまでに時間がかかります。時間がかかればお金も余計にかかってきますね。

なので1本の価格ではなくコスパで考えることが大切です。

色素沈着とは?

お肌の奥深くにまで浸透する成分が配合されているクリームを選ぶ

乳首が黒ずむ原因はメラニンにあります。メラニンが過剰に生成されたりターンオーバーが遅れて排出できないことで色素沈着が起きてしまうのですね。

そしてメラニンが生成される場所はメラノサイトという色素細胞で、メラノサイトが存在している場所は角質層の一段階下にある基底層です。つまり、最低でも基底層まで浸透する成分でなければ黒ずみは改善できないということです。

黒ずみを根こそぎ改善するためには、基底層はもちろん、基底層のもう一段階下にある真皮層にまで到達する成分が配合されている美白クリームを選ぶことがベスト。そうすることで根本の原因から改善し、徹底的に美白ケアをしていくことができます。

以上のポイントを押さえて選べば、よほどのことがない限り全く効き目がない美白クリームや逆効果になる商品を選ぶことはなくなるかと思います。

当サイトでは、乳首をピンク色にする効果的な美白クリームもご紹介していますので、自分で探すことが難しい方は参考にされてみてください。

乳首の黒ずみにハイドロキノンは刺激が強すぎる?副作用も知っておこう!

ハイドロキノンの副作用

黒ずみに効く成分として「ハイドロキノン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

ハイドロキノンはお肌の漂白剤とも言われるほど美白効果が高い成分で、黒ずみ改善だけでなくくすみやシミなどの改善にも用いられることがあります。

しかし、効果が高いということはその分、作用が強いということ。当然、副作用のリスクもあります。

ハイドロキノンの副作用について知らないまま使っていると、副作用が出た時に「こんなはずじゃなかった…」と後悔することもあるかと思いますので、ハイドロキノンでケアをしようと考えている方はぜひとも副作用についてしっかりと理解した上で使っていくことをおすすめします。

この記事では、使う前に知っておきたいハイドロキノンの副作用について詳しくまとめましたので、参考にされてみてください。

ハイドロキノンが黒ずみ改善に効果がある理由

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンはいちごや麦芽などの天然由来の成分で、お肌の漂白剤と言われるほど美白効果が高いです。そのため、扱いの難しさから2001年までは医師や薬剤師の管理下ではないと扱うことができませんでした。

2001年の薬事法の規制緩和以降は化粧品などにも配合されることが認可されていますが、美白効果が高いからこそそのくらい扱いが難しいということは知っておいたほうがいいポイントですね。

さて、ハイドロキノンが黒ずみ改善に効果がある理由についてですが、ハイドロキノンには「還元作用」という作用があり、還元作用によって酸化してしまったメラニンを酸化する前の状態に戻すことができます。

すると色素が薄くなるため、黒ずみが目立たなくなっていきます。

さらに、メラニンを作り出す色素細胞であるメラノサイトの数そのものを減少させる作用もあり、メラノサイトの数を減少させることで生成されるメラニンの数も減らすことができます。

また、メラニンはメラノサイト内のチロシンとチロシナーゼ酵素が結合することで生成されるのですが、ハイドロキノンにはチロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用もあります。

つまり、還元作用によってメラニンを酸化する前の状態に戻す、メラノサイトの数を減少させる、チロシナーゼ酵素の働きを阻害することで、今ある黒ずみを改善していくことができるのですね。

知っておこう!ハイドロキノンの副作用

冒頭にも書きましたように、効果が高いということはその分、作用が強いということです。強い作用があるということは肌に強い影響を与えるということになるため、ハイドロキノンには副作用の恐れがあります。

ハイドロキノンの美白効果が高いことはここまででわかりましたが、どのような副作用があるのかも確認していきましょう。

肌が一部だけ白くなる白斑

ハイドロキノンの副作用で一番嫌な症状が、肌が一部だけ色が飛んだように白くなる白斑という症状です。

低濃度のハイドロキノンを使用する場合にはそれほど心配はいりませんが、白斑の症状が出ると黒ずみより目立ちますし、何より改善がとても大変です。光線療法や免疫抑制剤の内服、ステロイド剤の内服などが一般的な治療ですね。

そして白斑が起きる原因は、メラノサイトの数が減少してメラニンの生成が圧倒的に足らなくなることです。メラノサイトの数を減少させることは、ハイドロキノンの作用のひとつでもありましたね。

つまり、ハイドロキノンの作用が白斑の原因になる可能性もあるということなんです。

赤みが出てピリピリする炎症

ハイドロキノンは安定性が悪く酸化しやすい薬品です。

酸化した状態のハイドロキノンを使用することで、ピリピリと刺激を感じ赤みが出る炎症を起こすこともあります。

そして色素沈着には「炎症性色素沈着」という種類もあり、炎症が引いて赤みが収まった後に赤みがそのまま黒ずみになってしまうこともあるのですね。

紫外線により黒ずみの悪化

ハイドロキノンを使用している場合に欠かしてはならないことが紫外線対策です。

ハイドロキノンと紫外線はとても相性が悪く、紫外線を多く浴びることで黒ずみが悪化することがあります。

この理由は、ハイドロキノンの作用にチロシナーゼ酵素の働きを阻害する作用があるからですね。本来はチロシナーゼ酵素とチロシンが結合することでメラニンが生成されますが、ハイドロキノンを使用していることでチロシナーゼ酵素の働きが阻害されてメラニンが生成されづらくなります。

メラニンは肌を黒くする作用もある色素ですが、メラニンが生成されるのは紫外線や刺激などから肌細胞を守るためです。つまり、メラニンが生成されづらくなるということは、刺激や紫外線の影響が直撃するということ。肌細胞を守れなくなるということなんです。

そのため、紫外線対策をおこたると、美白ケアをしているつもりがかえって黒ずみを悪化させる手伝いをしていることになるのですね。

外出時はもちろん、自宅で過ごしている時でもSPF30以上の日焼け止めなどで紫外線対策をしたほうがいいです。

ハイドロキノンは副作用についても理解して使おう

1~3%ほどの濃度であれば、効果は緩やかになり副作用の心配も抑えることができますが、上記のような症状が出る可能性はゼロではありません。そして、取り扱いや紫外線対策などにも気をつけなければいけませんね。

ハイドロキノンは美白効果が高い薬品ですが、もしハイドロキノンで美白ケアをするのであれば副作用について十分に理解した上で使うようにしてくださいね。

どうして乳首は黒くなる?黒ずみちくびになる3つの原因と対策

「子供のころはもっと自然な色だったのに…」と気がついたらいつの間にか黒ずんでいる乳首。

また、黒ずんでしまうと恋愛に対して積極的になれなかったり温泉が苦手になったりなど、いろいろなところで影響が出てくることもありますよね。

では一体どうして乳首は黒ずんでいくのでしょうか?原因を特定して日頃から対策をしていくことで黒ずみちくびを作り上げている原因を潰すことができます。

そこでこの記事では乳首が黒ずむ原因と対策について詳しくまとめましたので、ぜひ参考にされてみてください。

乳首の黒ずみの主な原因は色素沈着

色素沈着

乳首が黒ずむ主な原因は色素沈着です。

色素沈着とは黒ずみの原因になるメラニンという色素が表皮や真皮に沈着してしまっている肌状況のことですね。詳しくは「色素沈着についての記事」で解説していますので合わせてご覧ください。

本来はお肌の生まれ変わりであるターンオーバーで排出されるはずだったメラニンが、ターンオーバーの遅れや過剰なメラニン生成などが原因で皮膚に取り残されてしまうことで色素沈着が起きてしまいます。

つまり、乳首の黒ずみはお肌の表面のトラブルではなく内部のトラブルと言えますね。

色素沈着が起きる3つの原因

では色素沈着がどうして起きるのでしょうか?3つの原因を見ていきましょう。

加齢などによりターンオーバーが遅れる

ターンオーバー

健康的なお肌であれば約30日ほどの周期でターンオーバーが訪れてお肌が生まれ変わっていくと言われています。

ターンオーバーで生成されたメラニンが古い角質などと一緒に垢となって排出されていくため、ターンオーバーが正常に働いている場合は黒ずみが起きにくいということです。

しかし、ターンオーバーは最長で60日ほどまで遅れるとも言われています。健康的なお肌が30日ほどなので、おおよそ2倍くらい遅くなってしまうことがあるのですね。

ターンオーバーが遅れる主な原因は、加齢やストレス、生活習慣の乱れ、ホルモンバランスの変化などが代表的です。

そしてターンオーバーが遅れることで皮膚内に沈着しているメラニンを排出するのに時間がかかるようになるため、メラニンがどんどん蓄積されて黒ずみができてしまうのです。

下着や衣服との摩擦

乳首は体の中でもとても皮膚が薄い部位で、ちょっとした刺激や摩擦などでも肌のバリア機能が働きメラニンが生成されてしまいます。下着や衣服との摩擦でもメラニンが生成されて黒ずみの原因になってしまうほどです。

下着メーカー「ワコール」の調査によると、女性の約7割もの人が自分に合っていないブラジャーを着用しているとも言われていて、合っていない下着を着用していることで摩擦が大きくなり黒ずむ可能性も高くなります。

ブラジャーがズレたり、肉がはみ出たりする場合は着用している下着が黒ずみの原因になっていることもありますので、この機会に一度チェックしてみてください。

動画でチェックするポイントも紹介されていましたので、載せておきますね。

乾燥による肌バリア機能の低下

肌のバリア機能

乾燥はお肌の天敵ですが、乳首の乾燥も例外ではありません。

潤いが足らずに乾燥してカサつくようになると、肌のバリア機能が低下して少しの刺激でも過敏に反応するようになります。すると敏感肌や肌の炎症などの原因にもなってしまいます。

当然、少しの刺激でも過敏に反応する肌になるとメラニンも生成されやすくなるため、黒ずみの進行も早くなっていきます。

黒ずみの進行を食い止めて改善するための対策

乳首の美白クリーム

乳首の黒ずみを改善するために重要なことは、「ターンオーバーを促進して色素沈着しているメラニンを排出すること」「メラニンの生成を抑制すること」「乾燥対策をして潤いを肌に溜め込むこと」です。

たとえば、「ターンオーバーを促進して色素沈着しているメラニンを排出すること」だけでも黒ずみの改善には期待ができますが、肌のバリア機能が弱まっていて刺激に敏感で黒ずみやすい肌ということは改善していけないため、改善後に黒ずみが再発する可能性は高いですよね。

逆に保湿をしてバリア機能を高めるだけでも、色素沈着しているメラニンは取り除いていけないので黒ずみ改善には期待ができません。

つまり、これらの対策を同時におこなっていく必要があるのですね。

乳首専用の美白クリームであれば、肌への刺激も少なく美白ケアと保湿ケアを同時におこなっていくことができるため、美白クリームでのケアが代表的ですね。

ただし、ニベアなどの保湿クリームには美白効果が高い成分が配合されていないため、どのクリームを使っていくかがとても重要なポイントです。きちんと効果がある美白クリームを選ぶようにしましょう。

色素沈着とは?

色素沈着とは

色素沈着はバストトップの黒ずみだけでなく、デリケートゾーンや脇、ひじやひざ、さらに顔のくすみやシミなど本当にたくさんの肌トラブルを引き起こす厄介な症状です。

また、ニキビなどの肌トラブルは時間が経てば自然と改善することもありますが、色素沈着はきちんとケアをしたり食生活など生活習慣を整えて内側からもケアをしていかないと改善できないことが多いのでさらに厄介です。

ではそんなお肌の天敵とも言える色素沈着は一体どのようにして起こるのでしょうか?色素沈着が起きるまでの流れを詳しく見ていきましょう。

(1)刺激や紫外線を受けてメラニンが作られる

メラニン

肌が刺激や紫外線を受けると肌細胞を守るためにメラニンが生成されます。メラニンは肌細胞を守ってくれる色素で、髪の毛の色や肌の色などを形成しているとても重要な色素です。

しかし、刺激や紫外線によって生成される黒色メラニンには肌を黒くさせる作用もあります。

メラニン生成までのメカニズムは、刺激や紫外線を受けて角化細胞(ケラチノサイト)で活性酵素が発生し、情報伝達物質(プラスミン)が出されます。

情報伝達物質はメラニンを作る生成工場の色素細胞であるメラノサイトに「肌が刺激を受けてるからメラニンを作ってくれ!」と指令を送ります。指令を受け取ったメラノサイトではチロシナーゼ酵素が発生し、チロシナーゼとチロシンが結合することでメラニンが生成されます。

(2)お肌の新陳代謝ターンオーバーでメラニンを排出

ターンオーバー

肌細胞を守るために生成されたメラニンですが、役目を終えた後はターンオーバーで垢となって古い角質などと一緒に排出されていきます。

メラニンが生成される理由のひとつとして紫外線を挙げましたが、日焼けも紫外線を大量に浴びてメラニンが生成されることが原因です。しかし、時間が経てば自然と以前の肌色に戻っていきますよね。この理由はターンオーバーで皮膚に溜まっているメラニンが排出されていくためです。

健康的な肌の場合だと28日周期でターンオーバーが起きてお肌が生まれ変わっていくと言われているため、約1ヶ月ほどでかけてメラニンが排出されていくのですね。ターンオーバーがあるからこそ「元」の肌色に戻ることができるのです。

(3)排出しきれなかったメラニンが沈着

色素沈着

しかし全てのメラニンを排出できるとはかぎりません。

たとえば、強い刺激を受けたり、下着との摩擦など継続的に刺激を受け続け、一度のターンオーバーで排出しきれないほど大量にメラニンが生成された場合は、ターンオーバーが正常に働いていたとしても(28日周期で訪れていても)皮膚に溜まったままになってしまいますよね。

メラニンにはお肌を黒くさせる作用もあるため、皮膚に溜まっていれば黒く見えてしまいます。これが黒ずみやくすみ、シミといった肌トラブルの正体です。

さらにターンオーバーは56日ほどまで遅れるとも言われていて、加齢やストレス、生活習慣の乱れ、偏った食生活などさまざまなことが原因で正常に働かなくなっていきます。

ターンオーバーが遅れると生成されたメラニンが排出されるまでに時間がかかるようになるため、メラニン「色素」が「沈着」して肌が黒ずんでしまうのですね。

歳を重ねると肌トラブルが増えてくるのは、加齢によってターンオーバーが遅れることも原因のひとつです。

色素沈着の自宅でできる対策

乳首の美白クリーム

色素沈着の対策をするために重要なことは、「メラニンを過剰に生成させないこと」そして「ターンオーバーを整えて正常に働かせること」です。

そのため、外出時にはUVケアを徹底したり、乳首の黒ずみであれば乾燥対策や下着との摩擦を減らすために自分に合った下着を着用するなど、原因を潰していくことが大切です。

また、ターンオーバーを正常に働かせるために食生活の改善や生活習慣を整え、内側から体のケアをしていくことも大事ですね。

とはいえ外側からのケアも大切。乳首専用の美白クリームだとメラニンの生成を抑えてターンオーバーを促進、なおかつ乾燥対策で保湿ケアまで同時にできるため、乳首にも使える低刺激で効果的な美白クリームでのケアも合わせておこなっていくと改善できるまでの期間のスピードアップにつながります。

黒ずみに効果的!改善に期待ができる栄養素とお手軽レシピ

黒ずみ改善に期待できる食べ物

黒ずみを改善するためには美白クリームなどで外側からしっかりと美白ケアをしていくことが大切ですが、同時に食生活を整えて内側からもケアをしていくと、体内環境が整い黒ずみ改善効果が高まります。

なぜなら偏った食生活や食生活の乱れなども黒ずみの原因のひとつだからですね。

そのため黒ずみに効く栄養素をきちんと摂取していくことで黒ずみ改善にも期待ができます。食生活だけでサクッと改善できないのが難点ではありますが、長期的に見れば食生活に気をつけておくことで黒ずみを寄せ付けない肌になることも可能です。

この記事では、黒ずみ改善に期待ができる栄養素と忙しい方でも簡単に作れるお手軽レシピをまとめました。

ビタミンCでメラニンの生成を抑制

ビタミンCには抗酸化作用があり、この作用によって体内の細胞を酸化させて老化などを進める活性酵素の働きを抑制することができます。さらに、黒ずみの原因になるメラニンの生成を抑える効果もあるため、黒ずみの進行を食い止めることができますね。

ビタミンCの直接的な効果ではありませんが、コラーゲンの生成の手助けをする役割もあるため、コラーゲンの肌にハリツヤを与えるという効果もビタミンCを摂取していればサポートすることができます。

ただし、ビタミンCは水溶性ビタミンと呼ばれ、とても水に溶けやすい性質があります。また熱にも弱くもろい成分です。

そのため、ビタミンCが多く含まれる食材を食べていたとしても、茹でたり加熱調理をしている場合は体内にビタミンCが吸収される前に壊れてしまう可能性があります。ですので生で摂取することが理想です。

水洗いをする時には、サササッと軽くそそぐくらいで素早く洗うことを心がけることが重要なポイント!

ビタミンCが多い食材

大根、キャベツ、パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、れんこん、イチゴ、レモンなど

ビタミンCを摂取できるお手軽レシピ

タンパク質でハリツヤがある健康的な肌に

タンパク質は6大栄養素にも含まれる体の細胞を作ってくれているとても大切な栄養素です。しかし、過剰なダイエットやコンビニ弁当など偏った食事で不足しがちな栄養素でもあります。

タンパク質が不足すると肌のハリツヤがなくなったり、髪の毛がパサパサになったりなど、体のいたるところで影響が出るようになります。

また、タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」がありますが、動物性タンパク質にはタンパク質の合成に必要な必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸は体内では作り出すことができない栄養素なので、動物性タンパク質などからしっかりと摂取していく必要があるのですね。

そのため、肉類や魚介類などから良質な動物性タンパク質を摂取していくことが肌の健康状態を改善していくためにも重要だと言えます。

ただし動物性タンパク質には脂肪分も多く含まれますので、あまりにも大量に摂取すると皮脂の分泌量が多くなり毛穴の詰まりなどが起こる可能性もあります。植物性タンパク質と動物性タンパク質の両方をバランスよく摂取していくように心がけるといいですね。

タンパク質が多い食材

動物性タンパク質
肉類、魚介類、卵、チーズ、牛乳など

植物性タンパク質
大豆、小麦、豆腐、納豆、じゃがいもなど

タンパク質を摂取できるお手軽レシピ

セラミドで肌のバリア機能をアップ

セラミドには角質層に水分を貯め込みお肌を保護する役割があります。お肌だけでなく髪の毛の潤いにも欠かせない成分ですね。

セラミドが不足すると肌に溜め込める水分量が少なくなるため、乾燥肌や髪の毛のパサつきの原因にもなります。加齢によっても不足していく成分なので、年齢にを重ねるごとに肌トラブルが増えるのもセラミドが不足してくるためです。

お肌が潤いをしっかりと閉じ込められている状況であれば、外部からの刺激にも強くメラニンが生成されにくい肌環境を作ることができるため、結果的に黒ずみを予防し美白に導く効果があります。

セラミドを多く含む食材

こんにゃく、しらたき、大豆、ひじき、わかめ、コーヒー、紅茶など

セラミドを摂取できるお手軽レシピ

中からも外からも「黒ずみ対策」をしていこう!

黒ずみは放置していてはなかなか治らない厄介な肌トラブルですが、きちんとケアをしていけば改善できる肌トラブルでもあります。

そのためには食生活を整えて内側から黒ずみを対策、そして美白クリームなどで外側から黒ずみを撃退していくことが重要ですね。

ここでご紹介した栄養素を毎日摂取することは難しいことではありますが、意識して気をつけるだけでも全然違うのでまずは意識をすることからはじめてみるといいかもしれません。