黒ずみに効果的!改善に期待ができる栄養素とお手軽レシピ

黒ずみ改善に期待できる食べ物

黒ずみを改善するためには美白クリームなどで外側からしっかりと美白ケアをしていくことが大切ですが、同時に食生活を整えて内側からもケアをしていくと、体内環境が整い黒ずみ改善効果が高まります。

なぜなら偏った食生活や食生活の乱れなども黒ずみの原因のひとつだからですね。

そのため黒ずみに効く栄養素をきちんと摂取していくことで黒ずみ改善にも期待ができます。食生活だけでサクッと改善できないのが難点ではありますが、長期的に見れば食生活に気をつけておくことで黒ずみを寄せ付けない肌になることも可能です。

この記事では、黒ずみ改善に期待ができる栄養素と忙しい方でも簡単に作れるお手軽レシピをまとめました。

ビタミンCでメラニンの生成を抑制

ビタミンCには抗酸化作用があり、この作用によって体内の細胞を酸化させて老化などを進める活性酵素の働きを抑制することができます。さらに、黒ずみの原因になるメラニンの生成を抑える効果もあるため、黒ずみの進行を食い止めることができますね。

ビタミンCの直接的な効果ではありませんが、コラーゲンの生成の手助けをする役割もあるため、コラーゲンの肌にハリツヤを与えるという効果もビタミンCを摂取していればサポートすることができます。

ただし、ビタミンCは水溶性ビタミンと呼ばれ、とても水に溶けやすい性質があります。また熱にも弱くもろい成分です。

そのため、ビタミンCが多く含まれる食材を食べていたとしても、茹でたり加熱調理をしている場合は体内にビタミンCが吸収される前に壊れてしまう可能性があります。ですので生で摂取することが理想です。

水洗いをする時には、サササッと軽くそそぐくらいで素早く洗うことを心がけることが重要なポイント!

ビタミンCが多い食材

大根、キャベツ、パプリカ、ブロッコリー、カリフラワー、れんこん、イチゴ、レモンなど

ビタミンCを摂取できるお手軽レシピ

タンパク質でハリツヤがある健康的な肌に

タンパク質は6大栄養素にも含まれる体の細胞を作ってくれているとても大切な栄養素です。しかし、過剰なダイエットやコンビニ弁当など偏った食事で不足しがちな栄養素でもあります。

タンパク質が不足すると肌のハリツヤがなくなったり、髪の毛がパサパサになったりなど、体のいたるところで影響が出るようになります。

また、タンパク質には「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」がありますが、動物性タンパク質にはタンパク質の合成に必要な必須アミノ酸が含まれています。必須アミノ酸は体内では作り出すことができない栄養素なので、動物性タンパク質などからしっかりと摂取していく必要があるのですね。

そのため、肉類や魚介類などから良質な動物性タンパク質を摂取していくことが肌の健康状態を改善していくためにも重要だと言えます。

ただし動物性タンパク質には脂肪分も多く含まれますので、あまりにも大量に摂取すると皮脂の分泌量が多くなり毛穴の詰まりなどが起こる可能性もあります。植物性タンパク質と動物性タンパク質の両方をバランスよく摂取していくように心がけるといいですね。

タンパク質が多い食材

動物性タンパク質
肉類、魚介類、卵、チーズ、牛乳など

植物性タンパク質
大豆、小麦、豆腐、納豆、じゃがいもなど

タンパク質を摂取できるお手軽レシピ

セラミドで肌のバリア機能をアップ

セラミドには角質層に水分を貯め込みお肌を保護する役割があります。お肌だけでなく髪の毛の潤いにも欠かせない成分ですね。

セラミドが不足すると肌に溜め込める水分量が少なくなるため、乾燥肌や髪の毛のパサつきの原因にもなります。加齢によっても不足していく成分なので、年齢にを重ねるごとに肌トラブルが増えるのもセラミドが不足してくるためです。

お肌が潤いをしっかりと閉じ込められている状況であれば、外部からの刺激にも強くメラニンが生成されにくい肌環境を作ることができるため、結果的に黒ずみを予防し美白に導く効果があります。

セラミドを多く含む食材

こんにゃく、しらたき、大豆、ひじき、わかめ、コーヒー、紅茶など

セラミドを摂取できるお手軽レシピ

中からも外からも「黒ずみ対策」をしていこう!

黒ずみは放置していてはなかなか治らない厄介な肌トラブルですが、きちんとケアをしていけば改善できる肌トラブルでもあります。

そのためには食生活を整えて内側から黒ずみを対策、そして美白クリームなどで外側から黒ずみを撃退していくことが重要ですね。

ここでご紹介した栄養素を毎日摂取することは難しいことではありますが、意識して気をつけるだけでも全然違うのでまずは意識をすることからはじめてみるといいかもしれません。