失敗しない乳首をピンクにする黒ずみクリームの選び方

乳首の美白クリーム

乳首の黒ずみを改善してピンクにするために美白クリームを使おうと思っているけれど、種類が多くてどれを使えばいいか分からない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

乳首は皮膚が薄くデリケートな部分だからこそ、クリーム選びには慎重になりますよね。

美白クリームはどれを選んでも同じような効果が期待できるわけではなく、ものによっては全く効果がなかったり逆効果で黒ずみが悪化してしまうケースもあるため、選び方はとても重要

ということでこの記事では、乳首の黒ずみケアクリームの選び方について詳しくまとめました。

当サイトでは乳首の黒ずみに効く美白クリームをご紹介していますが、ここでご紹介するポイントを押さえて選べば別の美白クリームを選ぶ時にも役立つはずです。

失敗しない美白クリームの選び方5つ

乳首の美白クリームの選び方

乳首にも使える低刺激な美白クリームを選ぶ

これはとても大事です。

冒頭にも書きましたように乳首は皮膚が薄く外部からの刺激にとても過敏に反応する部位です。そのため、下着や衣服との摩擦などちょっとした刺激でもメラニンが生成されて黒ずんでいってしまいます。

また、継続して刺激を受けることで色素沈着が起きて黒ずみ改善が大変になっていくため、日々の刺激を減らしていくことも黒ずみを改善するためにはかなり重要なのですね。

なので低刺激でお肌に負担がかからない美白クリームを使うということが大前提。アルコールや合成着色料などお肌に負担がかかる添加物が配合されていると、たとえ美白ケアができたとしても黒ずみの原因にもなり、最悪の場合、より黒ずみが目立つようになることもあります。

ここで重要なポイントは、「乳首専用の美白クリーム」を選ぶということです。乳首専用であれば、乳首に使うことを前提に開発されているため、お肌に負担がかかる添加物が配合されていないことがほとんどです。

たっぷりの美容成分が配合されているクリームを選ぶ

実は、黒ずみを改善するためには、美白ケアだけでは不十分なんです。というのも、乾燥を防ぐための保湿やバリア機能を高めるための潤いケアもしていかなければ黒ずみの対策ができないからです。

美白ケアだけで一時的にピンク色に近づけたとしても、肌質自体が変化したわけではなく美白成分の力でピンク色に近づけているだけなので、すぐに黒ずみが再発してしまうんですね。

そのため、本当の意味で黒ずみを改善し、再発を予防するためには、お肌の質そのものを変えていく必要があるんです。美容成分は保湿やぷるっとした乳首に導くために重要な成分なので、美白成分だけでなく美容成分もたっぷりと配合されているクリームを選ぶことがポイントです。

医薬部外品のクリームを選ぶ

薬事法でコスメなどは「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分類されています。

医薬品は主に病気の治療や予防に使われる、いわゆるお薬のことを指しています。そして化粧品は効果や作用が緩やかで厚生労働省から認可されている有効成分を一定濃度以上配合されていないもの。

医薬部外品は厚生労働省から認可されている有効成分が一定濃度以上で配合されているものを指しています。

そのため、効果が高い順に並べると「医薬品」→「医薬部外品」→「化粧品」となるのですね。

医薬品はお薬なので乳首の美白クリームで最も効果に期待ができるのは医薬部外品ということになります。

化粧品だと全く効果がないわけではありませんが、安価で購入できる反面、黒ずみ改善までに途方もないほど時間がかかったり、メーカー独自で開発ができてしまうためかえって黒ずみが悪化してしまうこともあります。

本気で黒ずみを改善するのであれば、最初から医薬部外品を選ぶことをおすすめしますよ。

続けやすい価格のクリームを選ぶ

乳首の黒ずみの主な原因は色素沈着ですので、塗ってすぐに効果が出て薄くなっていくわけではありません。

効果には個人差がありますが、基本的には2ヶ月から3ヶ月ほど継続してケアをしていく必要があります。これはお肌のターンオーバーによって色素沈着しているメラニンを皮膚の外に排出していく必要があるからですね。

そのため、続けやすい価格であるということも重要なポイントです。続けていくことで、より美白クリームの効果を実感しやすくなるわけですからね。

ただし、安ければいいというわけではありません。

安かったとしても効き目がなければ意味がありませんし、効果が緩やかだとその分黒ずみが改善できるまでに時間がかかります。時間がかかればお金も余計にかかってきますね。

なので1本の価格ではなくコスパで考えることが大切です。

色素沈着とは?

お肌の奥深くにまで浸透する成分が配合されているクリームを選ぶ

乳首が黒ずむ原因はメラニンにあります。メラニンが過剰に生成されたりターンオーバーが遅れて排出できないことで色素沈着が起きてしまうのですね。

そしてメラニンが生成される場所はメラノサイトという色素細胞で、メラノサイトが存在している場所は角質層の一段階下にある基底層です。つまり、最低でも基底層まで浸透する成分でなければ黒ずみは改善できないということです。

黒ずみを根こそぎ改善するためには、基底層はもちろん、基底層のもう一段階下にある真皮層にまで到達する成分が配合されている美白クリームを選ぶことがベスト。そうすることで根本の原因から改善し、徹底的に美白ケアをしていくことができます。

以上のポイントを押さえて選べば、よほどのことがない限り全く効き目がない美白クリームや逆効果になる商品を選ぶことはなくなるかと思います。

当サイトでは、乳首をピンク色にする効果的な美白クリームもご紹介していますので、自分で探すことが難しい方は参考にされてみてください。